【目次】
中古ピアノを高く売る方法とは? ピアノのモデル名(型番)や製造番号ってどこにある? なぜ比較する必要があるのか? ピアノの処分費用って取られたりしないの? ズバットピアノ買取比較の口コミまとめ

 

中古ピアノを高く売る方法とは?

 

中古ピアノって実は・・・意外と高い値段で売れるって知ってましたか?

 

アップライトピアノ

私は折込広告で入っていた【中古ピアノ高価買い取り!】に釣られて査定をお願いしたのですが、物凄く安い値で買い取られそうになり大損する所でした。

 

それが、あるサービスを使ったら+7万円で買い取ってくれたのです!!

 

私が利用したのはズバットピアノ買取比較と言う、ピアノ買取業者からの見積もりを一括で行うサービスです。

 

 

このサービスは無料一括査定にありがちな電話でのしつこい営業がありません。

 

『このピアノ、もう誰も使わなくて邪魔だなぁ・・・』
『娘が弾かなくなったピアノを処分したいなぁ・・・』
『うちのヤマハのピアノ、型が古いけど売れるのかしら?』

 

こんな感じでピアノ処分で悩んでいる方から、
買取希望の方まで多くの方がズバットピアノ買取比較を利用しています。
まずはお試しでネットから無料査定を行ってみましょう。

 

 

ピアノのモデル名(型番)や製造番号ってどこにある?

ピアノのメーカーを確認する

ネットからピアノの一括査定をお願いするにしても、
持っているピアノの【種類・メーカー・モデル名(型番)・製造番号・ペダルの本数】等を
把握しておく必要があります。この項目がわからなければ、
どれぐらいで売れるのかもわかりません。

 

まずは【種類・メーカー・モデル名(型番)・製造番号】等が、どこにあるのかを説明します。

 

確認した事が無い場合や、知らない場合は下記のチェック方法を実践してみて下さい。

 

ピアノの種類

まずはピアノの種類についてです。
お手持ちのピアノがどのタイプなのかわかっている方は読み飛ばして大丈夫です。
ピアノは大きく別けて3種類に分類されます。

 

グランドピアノ

 

グランドピアノ参考画像『スタインウェイ・アンド・サンズ』

スタインウェイ・アンド・サンズ
wikipediaより出典

プロ演奏や本格的にピアノを弾く方が使う、大型のピアノです。学校にあるピアノなどがグランドピアノですね。音の強弱をつけ易く、素早い連打を必要とする演奏にはかかせないピアノです。余程の豪邸にお住まいでもない限り、グランドピアノが自宅にある方は少ないかと思われます。

 

 

アップライトピアノ

 

アップライトピアノ参考画像『b113』『b121』

yamahaのアップライトピアノ
yamaha.co.jpより出典

現在家主が50代以上のお家に置いてある大きめのピアノと言えば、このアップライトピアノになります。素早い連打を必要とする演奏にはあまり向いていません。昔は女の子がいるお家なら、かなりの割合で1台ありました。おそらく大体の方はヤマハかカワイのアップライトピアノだと思います。最近ではスマートフォンやタブレットでピアノを簡単に操作出来る物も登場しています。

 

 

電子ピアノ

 

電子ピアノ参考画像『Clavinova(クラビノーバ)』

yamahaの電子ピアノ
yamaha.co.jpより出典

定期的な調律を必要とせず、電子回路でピッチ(音高)の信号を発生する仕組みになっているのが電子ピアノです。低価格で軽量・コンパクトが売りです。代表的なメーカーはカシオ(プリヴィア)・カワイ・コルグ・ヤマハ(クラビノーバ)・ローランド(ローランド・ピアノ・デジタル)です。
※電子ピアノの代表例※
(RMIエレクトラピアノ・ローランド EP-10・ローランド EP-30・ヤマハ GS1・ヤマハ・クラビノーバ YP-30・ヤマハ PF15・ヤマハ CLP-50・ローランド RD-1000・カーツウェルK-250・コルグ SG-1D・ヤマハ CLP-911・ヤマハ CLP-170M・ヤマハDUPシリーズ・DGPシリーズ)

 

画像も参考にして頂いて、どのタイプかチェックして下さい。

 

メーカーの場所

メーカーに関しては、一度もピアノを触った事の無いお父さんでも目にした事があるはずです。
鍵盤を埃から守ってくれているフタを開ければ、裏にしっかりと印されているでしょう。

 

もし、一度もチェックした事がないピアノならフタを開ける事で簡単に確認する事ができます。

 

モデル名(型番)・製造番号

■グランドピアノ・アップライトピアノの場合

 

こちらは鍵盤のフタではなく、天板のフタの内側にあります。天板のフタを開けて、周辺をぐるりと覗き込めば金属板にアルファベットや数字でモデル名(型番)が書かれています。

 

また、モデル名(型番)と一緒に製造番号も書かれていますので、一緒にメモをとりましょう。
天板を開けた時に首や頭を挟まれないように気をつけて下さい。

 

■電子ピアノの場合

 

電子ピアノは寝そべって本体の裏にステッカーが貼られていないかチェックして下さい。もしそこになければ本体の背面部分にあります。壁につけている場合は少しずらしてチェックする必要があります。

 

ペダル

ペダルは2本タイプか3本タイプのどちらかになります。
これも無料一括査定を試す場合に、入力項目がありますのでメモしておいて下さい。
※ペダルが壊れていても10万円以上で買い取ってもらえた!という口コミもありますので、無料査定は必ず行いましょう。

 

 

お疲れ様です。これでネットからの査定に必要な情報は揃いました。
パソコンからでもスマートフォンからでも査定は出来ますので、一度どれぐらいで売れるのかチェックしてみましょう。

 

⇒【ズバット】ピアノ買取比較
https://www.zba.jp/piano-kaitori/

 

なぜ比較する必要があるのか?

比較する

これはもう簡単な話ですが、
複数の大手ピアノ買取業者さんに競ってもらう事によって
一番高い値段で中古ピアノを売る事が可能だからです。

 

私のように、広告が入っていたからという理由で
近場の中古ピアノ買取業者にお願いすると
色々難癖をつけた上に、物凄い安価で買い叩かれそうになる事だってあるからです。

 

それを信頼できる大手のピアノ買取業者に頼めばそんな心配もありません。
ズバットさんに登録されているピアノ買取業者は、厳しい審査を通った一流の業者さんしか登録できないので、いい加減な仕事をする業者はいないのです。

 

 

また、地元のピアノ買取店ともなると買い取ったピアノの流通経路も豊富ではありません。
ズバットに登録されている大手の買取業者は、既に『●●の中古があれば買いたいな〜』という様な状態のお客さんや、良い状態のピアノは中国の富裕層に売るルートなど、在庫を貯める事無く素早く売るノウハウがあるのです。

 

『こんなピアノ・・・本当に買い取ってくれるの??』
と思うようなピアノでも、びっくりするような価格がつく事だってあるそうです。

 

試すのはタダなので、やらないと損なのです。

 

⇒【ズバット】ピアノ買取比較はこちら

 

ピアノの処分費用って取られたりしないの?

料金

かなり年代物のピアノをお持ちの方は、『処分費用を取られる事があるんじゃ??』と思うかもしれません。
しかし、そう思った時こそ、ズバットのピアノ一括査定を試すべきです。

 

ちなみに電子ピアノを廃品業者などに頼んで処分しようとすると、最低でも約2,500円ほど必要になります。
これが電子ピアノよりも大型のアップライトピアノとなると、1万〜2万程必要になる可能性も出てきます。

 

こんな時でも、ズバット経由で見つけたピアノ買取業者なら、最低でも無料引取以上になる場合が殆どなのです。

 

ただ、マンションにお住まいの場合や一軒家の2階にピアノがあり、クレーンなどを使わなければ外に出す事が出来ない場合もあると思います。
この場合は、作業料が発生する場合もありますが、ピアノの買取金額と相殺されてタダで引き取ってもらう事になるか、売れるかのどちらかになる場合が多いです。

 

とにかくリサイクル業者や市役所にピアノの処分方法や費用を聞く前に、一度ズバットのピアノ一括無料査定を試すようにしましょう。
思いもよらない金額で買い取ってもらえる可能性も十分ありますよ。

 

ズバットピアノ買取比較の口コミまとめ

ここからは、私の体験談ではなく、実際にズバットピアノ買取比較でピアノを処分したり買い取ってもらった方の口コミをまとめたのでご覧下さい。

 

実家にある誰も使っていないピアノをどうにか処分したいと思ってはいたのですが、後回し後回しと何時までも処分せずにいました。傷もついていますし、誰かにあげるのもどうかなと思っていたので。
そんな時に、ズバットピアノ買取比較さんを知り、スマホからもカンタンにできるとの事だったので、お試しでやってみました。するとビックリするような高額査定に!
結果的に買い取ってもらえた業者さんでは27万円も出してくれました。まさか傷もあって誰も弾かないピアノに27万円の価値があったなんて・・・。
買取に来てくれた業者さんは凄く丁寧で、とても信頼できる業者さんでした。
ズバットピアノ買取比較さんを試してみて本当によかったです。

 

20年ほど前に購入したヤマハのアップライトピアノを売却したいと思い、ズバットピアノ買取比較を使って査定してもらいました。
査定してもらってから価格を比較してみると、一番高く買い取ってくれる業者と一番安く買い取ってくれる業者の差額は、なんと5万円。
やっぱり比較するって大事ですよ!皆さん!
何でも直ぐに処分出来たらいいなと思って、比較サービスを使う事すらなかったんですが、今後は使わないと損だな〜と思いました。
ちなみに買取価格は19万円でした。
20年ほど前のピアノが19万円で売れるってすごいですよね〜。
買取はその場で現金だったので、凄く得した気分になりました。
スムーズにピアノも運んでくれたので、よかったです。

 

娘のために購入したピアノですが、もう結婚して出て行ってしまい、ピアノに関して聞くと『うちは置く所ないから処分しておいて』と言われました。
ネットを使って色々と調べたのですが、ピアノを処分する費用は意外と高額でした。
もう随分型も古いピアノですし、『処分費用はしかたないか・・・』と半ば諦めていたのです。
翌日、息子夫婦が遊びに来てくれて、ピアノの話題になったとき、ピアノを一括査定してくれるサービスがある事を教えてくれました。
私は多少はインターネットが出来るため、息子夫婦が帰った後に試してみたのですが、査定額に驚きました。
無料引取でも十分だと思っていたピアノに、5万5千円の値がついたのです。
早速買取をお願いし、業者さんに来てもらいました。
書類にサインして、その場で現金で支払ってくれましたよ。
接客態度も非常に良くて、気持ちよくピアノを売る事が出来ました。

 

このようにズバットピアノ買取比較では多くの方が実際に利用し、予想外の価格で売る事に成功しています。
口コミにもありましたが、意外と年代物でも高く売れるんですよね。
『このピアノでも本当に値が付くの?』と思っている時こそ試してみて下さい。

 

 

 

 

 

 

【目次】
中古ピアノを高く売る方法とは? ピアノのモデル名(型番)や製造番号ってどこにある? なぜ比較する必要があるのか? ピアノの処分費用って取られたりしないの? ズバットピアノ買取比較の口コミまとめ